まだまだ須崎の天使の模様が入ったダンゴウオの赤ちゃん!ちょー多いです(笑)!!

 

 

んばんわーーーっ♪ こんばんわーーーーっ♪

 

 

いやぁ〜週末暖かったですね〜〜!!

 

 

河津の桜も今、ピークを迎えて、満開だし、、

 

メチャクチャ暖かい気温だし、、

 

 

なんだかもう冬が終わっていよいよ春だなぁ〜って感じる週末でした。

 

 

みなさんはいかがお過ごしでしょうか??

 

 

 

328.JPG

 

 

 

昨日と、今日の2日間で、南伊豆の須崎の海で、

 

また天使のダンゴウオの写真をみんなで撮りに行ってきました!

 

 

 

 

いやぁ〜オーストラリアから帰ってきたら、もうみんな模様が消えちゃってるかなぁ〜??

 

 

って心配してたんですけど、、

 

 

よかったーーーーー!!!まだまだ!!!ちょーーーーいっぱいいます!!!(笑)

 

 

 

 

222.JPG

 

 

 

しかも、今日も昨日も、、ちょーーーーー穏やかで、、

 

 

全く海の中は揺れてなくて、、これ以上のコンディションがない!!っていうくらい

 

 

ちょーーー穏やかでした。

 

 

 

291.JPG

 

 

 

 

296.JPG

 

 

 

 

相変わらず、、エントリーして1分でダンゴウオの赤ちゃんがたくさんいる場所にたどり着けるし、

 

 

水深も3〜4mなんで、残圧の心配もないし、(笑)

 

 

そうそう!透明度も20mくらい見えてるんで、安心して、集中してダンゴウオの写真が撮れます。

 

 

 

164.JPG

 

 

 

 

もう、直径50m以内の円の中に10匹以上は天使の模様が入ったダンゴウオの赤ちゃんがいるので、

 

 

1人1匹をずーーっと撮ってても大丈夫だし、もしそのダンゴウオが飛んでいなくなっても、

 

 

すぐ近くにもたくさんいるので、周りの人にも気を付けなくても大丈夫です(笑)!

 

 

 

 

122.JPG

 

 

 

 

それにしても、ここまで長く天使の模様が入ったダンゴウオの赤ちゃんが観察できるって、

 

 

 

なかなかないし、、

 

こんなチャンスもないので、ホント今がチャンスだと思います〜〜!

 

 

 

 

046.JPG

 

 

 

041.JPG

 

 

 

 

 

こんなにゆっくり天使のダンゴ撮れないですもんね〜〜!!

 

 

今年はいつまでこの状況が続くのか??

 

 

まだまだ今月いっぱいまでは、続いて欲しいなぁ〜〜♪

 

 

 

 

059.JPG

 

 

須崎のダンゴウオ狙いの2ビーチダイビングは

 

 

車の人はいつものように伊東マリンタウンの駐車場に8:30集合

 

 

電車の人もいつものように伊東駅に8:47の集合です。

 

 

¥13500でお昼ご飯以外は全部含まれてまーーす。

 

まだ今年見てない人、見た事のない人は、絶対今がオススメですー!!

 

 

こちらまで連絡ください。

 

muraitomoomi@gmail.com

 

今月は、12日(月)、16日(金)、29日(木)、31日(土)4月1日(日)

 

空いてまーーす!!

 

 

072.JPG

 

 

そんなこんなで、今週末も最高に楽しい〜〜〜感謝感謝のダンゴウオダイビングでした(笑)!!

 

 

 

ありがとうございましたーーーーーっ!!

 

 

 

 

オーストラリアのアシカスイムのお話はまた時間見つけて紹介しまーーす。

 

 

 

っ!!あと、3月7日(水)にむらいさちの写真展が吉祥寺で開催してるんで、

 

17:00〜19:00くらいに遊びにいきまーす♪

 

よかったら、みんなで行きませんかー??待ってまーす!!

 

 

http://kichijojigallery.com/?p=5854

 

 

 

 

 

 

むらい商店。リニューアルしたんで、よかったら見てみてくださーい。

 

すごく見やすく少しづつ変えてますよー♪

 

 

http://www.dsmurai-shopping.com/

 

 

いろんな僕のオススメのダイビング商品が細かく紹介してありまーす。

 

 

 

 

1回のメールで簡単に注文できるので便利でーす。

 

 

 

 

DSむらい。ホームページはこちらです。


http://dsmurai.com

 

 


写真/文 村井智臣

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL