千葉の伊戸の海でもの凄い数のドチサメの大群に囲まれてきましたーー!!

 

 

うも〜〜〜♪ どうも〜〜〜〜っ♪

 

 

なんか今日は冬らしい気温ですね〜〜♪これから少しお天気は崩れていきそうですね〜

 

今年も、もう少しで終わりそうですがやり残したことはないですかー??

 

 

 

さて、昨日はですね〜♪リクエストで久しぶりに千葉の伊戸の海まで行って、、

 

とんでもない数のサメの大群を見に行ってきましたーーー!!!

 

 

 

 

072.JPG

 

 

 

ずっと前からこのメンバーで見に行こう〜って話してて、いやぁ〜やっと実現できました♪

 

いやぁ〜やばいくらいみんなで興奮してきました(笑)!!

 

 

 

前回ジンベイを見に行った波佐間のすぐ近くなんですけど、、

 

房総半島の内房になるんですよね〜。

 

 

今回も館山の駅に集合してそれからみんなで行きました。

 

 

135.JPG

 

 

もう〜ありがたい事に今回もメチャクチャいいお天気で、海も最高に穏やかで、

 

ダイビング日和の1日となりました。

 

 

 

とにかくここはとんでもない数のドチザメと、アカエイがいて、

 

もちろん餌付けでこれくらいの数がいるんですけど、、

 

とにかくすごい数で、、(笑)

 

 

 

なかなかこれだけの数のサメとエイを見られるのは他にはないと思います(笑)。

 

 

 

043.JPG

 

 

まずエントリーしてすぐの足元から砂地でこれくらいの数のサメがたくさん泳いでて(笑)

 

 

ちょーすごいでしょー(笑)!!

 

 

 

045.JPG

 

 

 

 

049.JPG

 

 

 

2本ともボートダイビングになるんですけど、アンカーのロープからそのまま下に捕まって降りていくと、

 

 

もうこんな感じなんです(笑)!

 

水深はだいたい15〜20mくらいなんで、あんまり長く潜れないんですけど、

 

30分以上はずっとこれだけの数のサメと戯れることができるんです(笑)

 

 

 

002.JPG

 

 

ここにいるサメってみんなドチザメなんですけど、ドチザメって歯が2mmくらいしかないので、

 

なんかヤスリみたいなんですよね〜。

 

 

だから全然危険じゃないし、安心して遊べるんです。

 

 

005.JPG

 

 

 

しかも今回は前回1年前に行った時と比べて透明度がすごく良くて、、

 

 

うーーーん、20mくらいは見えてたんじゃないですかね〜??

 

 

すごく綺麗だったんで、ずーーーっと遠くまで見えるから、

 

 

今回は特にドチザメの数に圧倒されました(笑)

 

 

 

 

012.JPG

 

 

 

016.JPG

 

 

 

まぁ水底に着底しながらずっとサメの群れの写真をずっと撮れるんですけど、

 

 

もちろん普通にこっちからでも触れるし、向こうからぶつかってくるし(笑)、

 

足で誰か蹴っちゃった〜って思ったら、全部サメだし(笑)

 

 

 

いやぁ〜ここはホント凄いとこです。。。

 

 

 

037.JPG

 

 

 

 

026.JPG

 

 

 

 

 

ドチザメが大きさ2mくらいがほとんどで、アカエイも結構大きいのがたくさんいて、

 

アカエイも1.5mくらいはあるんじゃないですかね〜??

 

 

 

下からエイの顔みたいなのも普通に見る事ができるんです(笑)。

 

 

 

 

019.JPG

 

 

 

エイもモグモグ噛んでくる時がたまにあるんですけど、

 

ウェットの上からだから、全然平気だし、

 

もし噛んできても青タンくらいで大きな怪我にはならないから大丈夫なんです〜

 

 

 

エイもメチャクチャ可愛いんです♪

 

 

 

038.JPG

 

 

 

 

頭とか耳とかを餌だと思って噛んでくる時もあるみたいだから、

 

フードとか被っておくといいみたいです(笑)

 

 

 

たまに水中でスタッフの人が餌をあげるんですけど、、

 

その瞬間ものすごい数のサメとエイが集まってくるんです(笑)

 

 

 

083.JPG

 

 

 

これが見せ場になるんですけど〜〜

 

 

 

すごいですよねぇ〜〜(笑)!!

 

普通に写真に写り込んでるサメは100匹はいる気がする(笑)!!

 

 

 

 

078.JPG

 

 

 

このサメの集まってるとこの中に入って行くと、、、

 

 

もう何がなんだか、凄かったです(笑)!!!

 

 

 

 

071.JPG

 

 

 

 

 

073.JPG

 

 

 

 

 

072.JPG

 

 

いやぁ〜凄かったなぁ〜〜〜♪

 

まぁ〜伊豆ではなかなかこんな体験できないですもんね〜〜。

 

 

っていうか、絶対ないですもんねーーー(笑)

 

 

 

 

前回の千葉の波佐間のジンベイザメもそうだったんですけど、、

 

なんかもうアトラクションですよねー(笑)

 

 

100.JPG

 

 

 

101.JPG

 

 

 

 

 

いやぁ〜こうゆうダイビングも楽しいですね〜〜♪

 

凄かったぁ〜〜♪

 

 

 

これからもっと透明度も良くなってくるし、1月は凄い良さそう〜〜!!

 

来年の1月13日(土)14日(日)の1泊2日で、温泉入りながら

 

ここの伊戸のサメと、波佐間のコブダイの両方を

 

潜ろうっていう企画があるので、興味がある方は連絡くださーい。

 

 

 

館山の駅に8時くらいの集合でいこうと思いまーす。

 

 

 

120.JPG

 

 

 

そんなこんなで、最高に楽しい〜〜〜感謝感謝の千葉の1日でしたーーーー!!

 

 

ありがとうございましたーーー!!!

 

 

企画してくれてみんなりがとうーーーー!!!

 

 

また新しいとこ潜りにいこうね〜〜〜♪

 

 

 

最後に今回のサメの動画も作ってみましたーー!!見てみて〜〜〜

 

 

 

 

P_20171207_150721_1_vHDR_Auto.jpg

 

 

 

 

 

 

 

12月30日〜1月2日の毎年恒例の年越しダイビングもまだあと2名くらいまでなら予約大丈夫そうなので、

 

まだ予定が決まってない方は早めに連絡くださーい。

 

 

ジンベイザメで新年を迎えまーーーーす!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

それから来年2018年の1月26日(金)〜30日(火)の

 

 

ダブルむらいで行く、マナティーツアーはあと残り残席3名〜4名までになりました〜。

 

興味がある方はいつでも連絡くださーい。

 

 

http://tmurai.jugem.jp/?eid=1150

 

 

 

 

 

それからこれからのおすすめのドライスーツはここで紹介してまーす♪

 

 

 

よかったら見てみてくださーい。

 

 

 

 

 

 

 

https://www.dsmurai-shopping.com/dry-suits/

 

 

 

 

 

あと、まだまだ割引き可能なゼロのドライスーツも受け付け中でーす♪

 

 

 

 

伊豆の現地ガイドの人達の6割くらいはみんなこのドライを使ってます♪

 

それくらい信頼性のあるドライなんで、間違いないドライですよ〜。

 

格安で紹介してるので、よかったら検討してみてください。

 

http://tmurai.jugem.jp/?eid=1125

 

 

 

 

 

 

それからRGブルーに並ぶ、、現地ガイドオススメのゼロの水中ライト!

 

 

 

IMG_1642.JPG

 

 

 

 

このライトもめちゃくちゃオススメでーーーす!!!

 

 

http://tmurai.jugem.jp/?eid=1136

 

 

 

 

 

 

あと、、これからの季節に伊豆で潜るのにおすすめの最新商品の紹介もしてまーす。

 

全部自分が試して、ホントに良かった商品だけを細かく紹介してまーす。

 

 

 

IMG_1672.JPG

http://tmurai.jugem.jp/?eid=1143

 

 

 

 

その他にもいろんな器材を使ってみて、、

 

僕のおすすめのダイビング商品を集めた「むらい商店。」がこちらです♪

 

http://www.dsmurai-shopping.com/

 

 

いろんなオススメのダイビング商品を細かく紹介してまーす。

 

 

 

1回のメールで注文できるんで、気になる方は見てみてくださいね〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSむらい。ホームページはこちらです。
http://dsmurai.com

 

 


◆電車の方は伊東駅に8:47着の電車で改札口前で待ち合わせ

◆お車の方は国道135号沿いの伊東マリンタウンの駐車場に8:30集合になってまーす♪

 


文 村井智臣

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL