ずっと目標にしてたテミヤンライブを昨日実現する事ができて、本当に最高の幸せな夜でした!!

 

うも〜〜〜♪ どうもぉーーーーー♪

 

ここ最近毎日気持ちのいい〜秋晴れが続いて最高ですねぇ〜〜!!

 

みなさんはいかがお過ごしでしょうか〜〜??

 

 

 

いやぁ〜〜〜、それにしても、昨日は本当に最高の夜でしたーーー!!!

 

そうです!!!昨日はずっと夢見てた、、テミヤンライブをまた再開する事ができました!!

 

 

 

P_20171111_201604.jpg

 

 

 

 

10年くらい前にまだ僕がエスプロにいた頃、夏の終わりと、クリスマスパーティーの時に

 

毎年いつも来てくれて、、みんなでテミヤンを囲んで演奏を聴いてたんです。

 

 

 

 

テミヤンの曲って、本当に歌詞も最高にいいし、もちろん曲もすごくいいし、、

 

あと、全体的に曲調がみんな海っぽい曲がすごく多いんで、

 

ダイバー達のみんなからもすごく共感できる事がいっぱいあるんです。

 

 

テミヤンと出会ってから、今でもずっとテミヤンの曲を聞いて励まされた事もすごくいっぱいあります。

 

 

 

P_20171111_190545_vHDR_Auto.jpg

 

 

 

 

僕が独立してから、、ずっとまたテミヤンライブをやりたいなぁ〜って思ってて、

 

いつか必ず実現させよう!!って、、夢っていうか、、、目標にしてたんですよね〜。

 

 

 

 

でもなかなか出来る機会とか、場所とかもなくて、、半分諦めかけてたんですけど、

 

 

なんだか今年のマリンダイビングフェアでトントン拍子に話が進んで、、

 

今回実現する事ができたんです!!!!

 

 

 

P_20171111_182702_vHDR_Auto.jpg

 

 

 

 

 

いやぁ〜ホント嬉しかったぁぁ〜〜〜〜。。

 

テミヤンとも5〜6年ぶりだったんですけど、全然変わってなくて、、

 

あの頃の10年以上前の記憶がいっぱい蘇ってきました。

 

 

 

あの頃エスプロの店長で、毎日、、がむしゃらに潜ってて、

 

 

楽しい事もあったんですけど、辛いことも苦しい事も

 

 

それ以上にいろいろあって、、いつもこのテミヤンの歌詞でどれだけ励まされたことか。。

 

 

 

P_20171111_191115_vHDR_Auto.jpg

 

 

 

車の中でよく聞いてるんですけど、生の声で久しぶりに聞けて号泣してました(笑)!

 

 

 

今回あの頃よく一緒に潜ってたお客さんとかたくさんいて、

 

 

 

子供とかできて最近潜りに来れなくなってしまった人も

 

 

昨日みんな夫婦で来てくれて、、同窓会みたいな日でした(笑)。

 

 

 

 

1510451582235-001.jpg

 

 

 

今回こうやっていろんな繋がりで、またみんなと見えない糸で繋がってて

 

 

再会できた事にすごくすごく感謝したいし、

 

 

これからもずっとみんなと一緒に楽しい事をもっともっと共有していきたいと思ってます。

 

 

 

 

 

 

あの時、富戸にいた頃、うちのお店の為に作ってくれた曲も

 

みんなで歌えた事もホント嬉しかったなぁぁぁ〜!!

 

 

 

 

ホントにホントに、、、最高に楽しい〜昨日の夜をありがとうございました!!!!

 

 

 

1510451619772.jpg

 

 

 

そして参加してくれたみんなーーー!!!本当にありがとうございましたーーーーー!!!!!(涙)

 

みんな大好きでーーーす!!

 

 

 

まだまだいっぱい楽しいことしていこうーー!!

 

昨日音楽をずっと聞いててあんまりみんなと話せなかったと思うから

 

今度はバスツアーでいっぱい話そうね。

 

 

今回1週間ですごくいっぱい充電できましたーー!!(笑)

 

今週の火曜日からまた潜りだしていきますーーー!!!

 

 

 

 

P_20171111_195331_KID (1).jpg

 

 

テミヤン、つねちゃん、そして今回いろいろ企画を進めていってくれた、久保田さん、

 

ありがとうございました〜!

 

 

 

 

DSむらい。ホームページはこちらです。
http://dsmurai.com

 

 


◆電車の方は伊東駅に8:47着の電車で改札口前で待ち合わせ

◆お車の方は国道135号沿いの伊東マリンタウンの駐車場に8:30集合になってまーす♪

 


文 村井智臣

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL